クロスバイクとは?

クロスバイク

お気に入りのクロスバイクをチョイス!

予算、価格帯で決める

通勤、通学、休日のサイクリングに!10万円以下のクロスバイク

10万円以下のクロスバイク

最初の1台は、この価格帯のクロスバイクからからスタートしてみてはいかがでしょうか。クロスバイクってどんなものなのか興味がある、とにかくママチャリより漕ぎ出しが軽いものがいいという方におすすめです。通学、通勤、休日のサイクリングからフィットネスまで網羅。スポーツバイクと聞くとタイヤが細くて乗りにくそうと思われるかもしれませんが、この価格帯のクロスバイクはタイヤも太めで安定感があり、シティサイクルと同じような感覚で乗れるのにぐいぐい進んでいきます。軽快感もばっちり。スポーツバイクを始めるにあたっては必要になってくるアクセサリーがあります。カギ、ライト、スタンド、ポンプなど車体にプラスして1万円から3万円ほど見ておくのがおすすめです。

よりスピーディに走行可能!10万円以上のクロスバイク

10万円以上のクロスバイク

車体を持ち上げてみると軽さにびっくりするはずです。10万円以下のクロスバイクに比べて車体は軽く、タイヤは細く、変速もよりスピード出しやすいギアがついており、より、スピーディーに走行可能です。フレームの素材はアルミやカーボンなど価格によってさまざま。車体が軽い分だけスピードも出しやすく、クロスバイクで長い距離のサイクリングをメインに楽しみたいという方にはぴったりの自転車です。ハンドルはフラットハンドルですのでリラックスした体勢でロードバイクのような走り心地を体感できます。ロングライドにぴったりのクロスバイクです。

クロスバイクの細部に注目!

軽量化、乗り心地を考えたカーボンフォーク

カーボンフォークのクロスバイク

クロスバイクのメインフレームはアルミ素材を使用していることが多いです。ですが、前輪を支えているフォークと呼ばれる部分はカーボンという車種が現在では主流になってきています。フォークにカーボン素材を使用することで車体の軽量化になり、さらに素材の特性上、振動吸収に優れ、特にフォークにカーボン素材を採用することで腕周りに伝わるダメージを軽減してくれます。長時間のサイクリングにはカーボンフォークがついた車体がおすすめです。

悪路でも楽々走破!サスペンション付きフォーク

サスペンションフォーク付きのクロスバイク

バネが内蔵されていて、衝撃を緩和するフォークのことをサスペンションフォークと呼びます。それに対して通常のフォークはリジットフォークと呼ばれます。
サスペンションフォークはマウンテンバイクなどについていることが多いのですが、クロスバイクでも搭載しているモデルがあります。メリットとしては段差を越えたり、未舗装のガタガタ道を走る際にサスペンションが衝撃を吸収してくれるため、安定感はもちろん乗り心地がいいのが特徴です。難なく障害を越える力はリジットフォークにはないものです。ただ、その分車体が重くなったり、登り坂や舗装された道でもサスペンションが動いてしまうためスピード感は劣ります。何を優先するかを想像して選びましょう。

雨の日でも制動力が落ちないディスクブレーキ

ディスクブレーキ搭載のクロスバイク

写真のようにディスクローターと呼ばれる円盤状の部品がホイールについているモデルがあります。これはディスクブレーキといって車やオートバイなどのブレーキにも採用されています。ディスクブレーキの1番のメリットはその制動力にあります。天候や路面状況に左右されず制動力を確保できます。天候問わず毎日通勤に使うという方にはばっちりです。ディスクブレーキにはワイヤー式と油圧式がありますが、油圧式のほうが制動力が良く、軽いタッチでブレーキをかけることができます。性能ももちろんですが、車体の見た目がかっこいいという理由で選ぶ方も多いです。

軽くて快適に乗るならカーボンフレームのクロスバイクを!

カーボンフレームのクロスバイク

軽い漕ぎ出し、乗り心地を求めるならカーボンフレームのクロスバイクがおすすめです。アルミフレームにはないカーボンフレーム独特の振動吸収のよさで、お尻や手の負担を軽減してくれます。ロードバイクの性能をそのままフラットハンドルという形で、スピード感も漕ぎ出しの軽さもさながらロードバイクのよう。車体もとにかく軽く、ロードバイクに引けをとりません。とにかく軽い車体がいいけれど、ドロップハンドルの前傾姿勢に少し抵抗をお持ちの方に最適な車体といえます。トレックのクロスバイク7.7fxはパーツ構成もロードバイクと同じパーツを使用しているため、将来的にドロップハンドル化も可能です。ただし、キックスタンドの取付はカーボンの特性上難しいので、アクセサリー取付けの際には注意が必要です。

手の負担を軽減するグリップ

クロスバイクは快適性抜群のグリップを装備

手、お尻と足、この3つが乗車中、自転車に接している部分です。舗装されている道でも自転車で走ってみると意外と凸凹していて腕やお尻には振動が伝わってきます。この振動をいかに抑えるかによって身体の疲労度が変わってきます。特にクロスバイクで長時間乗る上では非常に重要です。グリップの形と素材は握り心地のいいものになっているか、サドルの幅が広く、クッション性があるか、自転車と身体が接するパーツも要チェックです。バイクプラスではクロスバイクの試乗も可能なのでそのあたりの体感もできます。

タイヤ1つで快適性や軽快さが変わる!

タイヤでクロスバイクの走りが変わる

唯一路面と接する所だけあって非常に自転車の性能に影響してきます。タイヤの太さは、軽快さや乗り心地に変化をもたらします。一般的に太いほうが空気がたくさん入っているためクッション性が高く乗り心地は良く、路面の凹凸を気にせず走ることができます。一方でタイヤは細くなると、転がりが良くなり、漕ぎ出しの軽さや軽快感が格段にアップします。ただしクッション性は落ちるので少しかたくなりますがスピード感を求める方には細いタイヤが最適です。タイヤが細くなるからといってパンクのリスクが変わるということではありません。空気圧をしっかり入れることがパンクリスクを軽減することができます。

クロスバイクにはサイズがあります!

自分の体格に合ったサイズを選びましょう

クロスバイクのフィッティング

クロスバイクのフレームにはサイズがあります。基本的にクロスバイクの車輪の径は700Cという規格のものが多いです。車輪の径は比較的統一されていますが、フレームには何種類かサイズがございます。小柄な方でも乗れる小さいサイズがラインナップされた女性専用設計の車体もあります。車種選びももちろん大切ですがサイズ選びまでしっかりと行わないと、安全で快適に乗ることができません。例えばフレームが大きすぎるといざ降りようと思ったときに足がつかなかったり、ハンドルが遠くて乗りにくかったり…。逆に小さすぎても、窮屈で力がかけにくかったりもします。購入の際には身長や股下からサドルの高さとフレームのサイズを決めること、さらに実際に車体にまたがって安全上問題ないかを確認することが大切です。

クロスバイク、その魅力とは?

「クロスバイク」とは、「マウンテンバイク」と「ロードバイク」両方の長所を兼ね備えた自転車です。マウンテンバイクの安定感、ロードバイクの軽快さを絶妙なバランスで取り込んだのがクロスバイク。通勤や通学はもちろん、休日のサイクリングでも存分に楽しむことが出来るオールラウンドなスポーツ自転車です。

スポーツ自転車を身近に感じられる1台

クロスバイクをカジュアルに乗りこなす

クロスバイクは見た目がシティサイクルに近く、その気軽さが魅力的。価格帯がロードやマウンテンほど高額ではないため、最も気軽に始められるスポーツ自転車と言えます。10km程度までの距離の自転車通勤や20~30㎞くらいの休日サイクリングでは、クロスバイクが最もおすすめです。普段着感覚でカジュアルに乗りこなせるのも身近に感じられるクロスバイクの魅力です。

クロスバイクは街中をスピーディーに!

クロスバイクをスピーディーに

クロスバイクは想像以上に軽快です!試乗していただくとみなさん「軽い!」「速い!」「楽!」といった感想を頂きます。一見、シティサイクルのような見た目ですが、ひと漕ぎするとその軽さとスピード感の大きな違いにきっと驚くはずです。近くのショッピングモールで過ごす休日、駅や会社・学校までの毎日の道のりを、クルマや電車、シティサイクルなどからクロスバイクに乗り換えるだけで、今まで感じることができなかった充実感やすがすがしい空気を感じることができます。毎日、風を切って爽快感を味わってみませんか?

クロスバイクは楽しみ方自由自在!

クロスバイクで通勤

クロスバイクの魅力はシーンを選ばずにさまざまな楽しみ方を実現できるところです。
その機動力から、例えば通勤や通学、休日のサイクリングはもちろん、運動目的でのフィットネス、かごを取り付けてお買い物、キャリア-を取り付けて宿泊のツーリングなど移動手段から旅、フィットネスと楽しみ方は自由自在!年齢、性別は問いません。人数も一人ではなく、複数人で一緒にサイクリングを楽しむことができます。クロスバイク1台あれば世界が180度変わること間違いなし!

クロスバイクの楽しみ方とは?

日常にフィットネスを!

クロスバイクで自転車通勤|おすすめの乗り方

日常にフィットネス!それが簡単にできてしまうのが「自転車」の魅力。毎日の通勤や通学、時間にして15分から30分でもいい運動になります。
実は自転車通勤と電車通勤で所要時間があまり変わらない方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方はぜひ週1日から気候の良い日を選んで自転車通勤をしてみてはいかがですか?運動不足解消やダイエットを目指している方にもおすすめの楽しみ方です。自転車通勤なら、電車通勤よりももっといい汗がかけること間違いなし!勤務前に少し身体を動かすだけでその日1日の仕事量もアップしますよ。

サイクリングでいろんなところを巡ってみましょう!

クロスバイクでサイクリングは気持ち良い

休日にいろんなところを巡ってみてはいかがでしょうか?
クロスバイクはアップライトな姿勢だから景色を楽しみながら走行できます。暖かな日差し、爽やかな風を感じながらのサイクリングは「心」も「身体」もリフレッシュ!休憩に美味しいものを食べるのもアリです。自転車を乗っていればお腹も空きます。お腹が空いた後の美味しいものは格別!体力に自信が無い方は最初は行動範囲5㎞からスタート、10㎞、20㎞と徐々に距離を伸ばしてしていくのがおすすめです。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

2017年モデル入荷!2016年モデルSALE在庫限りですお早目に!

【SALE!!】TREK(トレック)1.2 2色

¥129,000→¥103,200(税込)

TREK(トレック)1.2 2016年モデル Trek Black/Fastback Orange

関連リンク

ポタリングという気ままな楽しみ方はいかが?

ポタリングという気ままな楽しみ方はいかが?

カフェやパン屋さんに立ち寄ったり、ららぽーとやレイクタウンまで行ってみたり、自転車を使って散歩感覚で出掛けてリフレッシュ。

自転車通勤

自転車通勤を始めよう!

三郷近郊は比較的平坦で通勤しやすい環境が整っています。運動不足解消にも一役買ってくれますので、自転車通勤始めてみてはいかがですか?

取り扱いクロスバイク一覧へ

取り扱いクロスバイク一覧へ

バイクプラス三郷店で取り扱っているクロスバイクのラインナップをこちらのページでご紹介しています。

ページの先頭へ戻る