ヒルクライム

急坂を登っているロードバイク

ヒルクライムの魅力

つらい…けど楽しいがクセになる

ロードバイクでヒルクライムを楽しんでいるグループ

自転車で坂を登るのがヒルクライム。なにものにもかえがたい達成感、全力を出し切った充実感、峠の頂上から見える景色、しずかな山道を走る孤独感、それを越えたときの手応え、もっと長く急な場所へ挑戦してみたいという欲望…平地では決して味わえない満足感がヒルクライムにあります。

まずは一度チャレンジ!

ヒルクライムに挑戦中

想像するとただただつらそうなヒルクライムですが、とことんはまってしまう人も多いもの。誰でも最初から簡単に登れるわけではありません。そこにはコツが確かにあります。以下で登り方のコツはご紹介しますが、まずは勾配のゆるいところでいいのでとにかく一度行ってみましょう。そこで達成感や悔しさを感じたら、もうヒルクライムに魅了されたしるし。

ヒルクライムイベントに参加してみる

ハルヒル(榛名山ヒルクライム)の様子

一人で走っていると心が折れそうになってとてもしんどいですが、誰かが一緒走っていると不思議な連帯感が生まれていつもよりもパワーが湧いてきます。ヒルクライムイベントといっても距離が短めで勾配のゆるやかなものもあります。関東近郊だと榛名山ヒルクライムや富士ヒルクライムなどが初心者の方でも気軽に参加できるのでオススメです。

ヒルクライムのコツ

ハンドルのもつ位置と乗車姿勢

上ハンドルに手をおいてリラックス

だんだん息があがってしまう登りでは、呼吸しやすいようにハンドルの上側をもって上体を起こして走ると少し楽になります。ハンドルを握る手には力をかけず、ただリラックスして手のひらを上に乗せておくような感覚で、肩や肘はリラックスを。手をつっぱると上半身が力んで疲れてしまいます。ただただ淡々とペダルを漕ぐためにそれ以外の部分は力を抜くことが大切です。

勾配がキツいときにはダンシング

ヒルクライムでのダンシング

ダンシングというのは立ち漕ぎのこと。登りがきつくなってくると、サドルに座った体勢では力が入りずらいときがあります。そんなときはサドルからお尻を浮かせてダンシングを。ペダルにぐっと体重を乗せて押し漕ぐような感じで進みます。坂道に対して前のめりになるような感覚になりますが、はやく漕ぐ必要はないのでリズムよくペダルを下方向に押しきる感覚です。体重のかけかたをまずは平地で練習してみましょう。

心拍数を目安にする

ヒルクライムで心拍数を意識

ヒルクライムのコースはつねに一定の勾配というわけではなく緩急がある場合がほとんどです。どんな状況でもなるべく一定のペースをキープすると、長い坂でも緩急があっても越えやすくなります。目安になるのは心拍数。サイクルコンピューターなどで計測できるものですが息の上がり具合といってもいいでしょう。呼吸が苦しくなってきたらまずはふぅーっと息を吐くことを意識すると、自然と次の吸い込みができます。

ペダルを漕ぐ回転数を意識する

ヒルクライムでケイデンスを意識する

ヒルクライムは平地走行と違いつねに漕ぎ続けなければなりません。脚にかかる負担をなるべく減らすためにもペダルの回転数(ケイデンス)を一定に保つように意識します。登りはじめからいつもよりも1段軽いギアをつかって脚の負担を押さえてくるくるとペダルを回すイメージで漕いでいきます。勾配がきつくなってきたらどんどんギアを軽くして、ペースを一定に保ちます。ケイデンスもサイクルコンピューターでの計測が可能です。

より楽に走るために

ビンディングペダルを使う

ビンディングシューズとペダル

ダンシングをするときにも、ペダルの回転数をあげるときにも、足がバイクに固定されているほうが体重をかけやすく安定感があります。そのため漕いだ力のロスも少なくてすみます。フラットペダルからロードバイクを始めたかたは、ビンディングに挑戦してみましょう。バイクプラスではビンディングスターターフィットといってビンディングの練習メニューもご用意しています。

車体の軽量化をする

ホイールのグレードアップ

ヒルクライムで有利なのは車体が軽いこと。楽に走りたいと思ったらパーツのグレードアップをおすすめします。効果が大きいのはホイール。ホイールを軽量なものにかえるだけで、軽いギアが数枚増えたかのような効果を実感できます。フレームもアルミよりはカーボンのほうが軽量で乗り心地がいいことも多いです。スタッフ最上はバイクプラス内ではヒルクライム最速です。ぜひご相談ください!

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

2017年モデル入荷!2016年モデルSALE在庫限りですお早目に!

【SALE!!】TREK(トレック)1.2 2色

¥129,000→¥103,200(税込)

TREK(トレック)1.2 2016年モデル Trek Black/Fastback Orange

ページの先頭へ戻る