Camelbak ポディウム チル ボトル 620ml

CAMELBAK ポディウムチルボトル ブルー・ピンク・グリーン

  • CAMELBAK ポディウムチルボトル ブルー・ピンク・グリーン
  • CAMELBAK ポディウムチルボトル レッド・レースエディション・カーボン

一度使ったらやみつき!とにかく補給のしやすい保冷ボトル

最も有名なエピソードは、ツール・ド・フランスで初めて使われた保冷ボトルであるということ。世界のレースで使われるという事はそれだけ機能が高く安定した状態を保てるという事です。
キャメルバックの最大の特徴であるJet Valveによって押しても吸っても水分補給ができ、さらにバルブ自体をロックすることができるので持ち運びにも便利です。
保冷ボトルなのと同時に保温も可能で、季節問わず機能を発揮してくれます。熱湯には対応していませんが、暖かい飲み物もOKです。入れる時は体温程度の温度にしておきましょう。

※商品の価格や仕様等は予告無く変更になる場合がありますので必ず店舗でご確認ください。

¥1,728(税込)

合わせて使いたいアイテムを紹介

ボントレガー レースライトケージ 画像をクリックするとレースライトケージにジャンプします。

BONTRAGER(ボントレガー) RL(レースライト)ケージ

キャメルバックのポディウムチルなど自転車専用のボトルを自転車に装着するために必要なのがボトルケージ。サイクリングの最中などは走行中に水分補給をするのが効率も良く、熱中症予防にもつながります。
スポーツ自転車のほとんどにはこのボトルケージを取り付けるための台座がフレームにあるので、バッグなどに入れて持ち運ぶ必要はありません。
ボントレガーのレースライトケージはカラー展開も豊富で組み合わせしやすいのも特徴です。フレームのカラーに合わせたり、差し色で使ってみたりなどお好みでコーディネイトしてみましょう。

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

ページの先頭へ戻る