TREK ゼクター2|全天候対応の都市型ディスクブレーキクロスバイク

TREK(トレック) ZEKTOR2(ゼクター2)

  • TREK(トレック) ZEKTOR2(ゼクター2)

ディスクブレーキ仕様で雨の日も移動が楽しくなるクロスバイク

ゼクター最大のポイントはディスクブレーキです。雨の日でも制動力の低下が少なく、安心して走行できます。タイヤサイズも700X32Cとやや太めなので、路面に対してのグリップ感も高くクッション性もあり快適です。
休日のサイクリングはもちろん、通勤通学にも最適です。走行性能も高いので、長時間のサイクリングも登り坂もぐいぐい進みます。
フルフェンダー(泥除け)やキャリア(荷台)、専用スタンドの取り付けも可能です。街中の移動だけでなくロングライドやツーリングなどにも活躍するクロスバイクです。

¥85,000(税込)

カラーGloss/Matte Black Pearl
サイズ50,53,56
車体重量:11.58kg(サイズ56cm)
フレームAlpha Gold Aluminum
フォークChromoly steerer, alloy legs
ホイールFormula DC20 alloy front hub; Formula DC22 alloy rear hub; Bontrager AT-750 32-hole double-walled alloy rims
コンポShimano Claris, 8 speed

トレック ゼクター2のココがオススメポイント!!

油圧式ディスクブレーキで安心!

Tektro M285 hydraulic disc テクトロ製油圧式のディスクブレーキを装備

突然の雨という事もありますし、通勤通学などでは雨の日に使うという事もあるでしょう。ゼクター2ならディスクブレーキ搭載で雨の日でも制動力の変化が少なく安心です。ホイールの汚れも付きにくい!!

太めのタイヤも安心のクリアランス

ゼクター2のシートステー ディスクブレーキ化によってクリアランスの生まれたシートステー

ディスクブレーキになる事で、フレーム側に余裕が生まれます。標準は700X32Cのタイヤですが、さらに太くしたりノブ(ブロック)の付いたタイヤの装着も可能です。カスタムがしやすいのもメリットの一つですね。

ケーブル内蔵式でスッキリ!

ゼクター2のフレーム ゼクターシリーズはケーブルが内蔵式で見た目もスッキリ!!

ゼクターシリーズはブレーキや変速ケーブルがフレームへ内蔵されます。ワイヤー等の露出がなければダメージも少なくなりますし、何より見た目がシンプルでカッコイイ!!メンテナンスも実は楽ちんです。

盗難防止/抑制になるシャフト

ゼクター2の固定シャフト 工具無しではホイールの着脱ができないようになっています。

工具を利用してホイールの着脱ができる仕組みになっています。普段外すこともないので問題ないですが、ひと手間掛かることで盗難防止や抑制に一役買ってくれます。ひとまず携帯工具は持っておきたいですね。

サイドにリフレクター(再帰反射素材)が付いた安心タイヤ

Bontrager H2 Hard-Case Lite, reflective sidewall, 700x32c ボントレガーからリリースされたリフレクティブ(再帰反射)タイヤ

ロングライドやツーリング、さらに通勤通学などでは帰り道に暗くなってしまうことも・・・。前後のライトなどとは別に、タイヤサイドに反射素材が使われているので安心です。自分ではなかなか分かりませんが、かなり目立ちます!安心!!
また標準装備のボントレガーH2タイヤはゴムの肉厚もあるのでパンクなどのリスクが少なく、日々使う方にオススメのタイヤです。
ゼクター2ではチューブはアメリカンバルブ。頑丈さがウリの形状です。車などと同じ形状なので、万が一の時にはガソリンスタンドで空気を補充することもできます。

都会的!?でオシャレなカラーリングのゼクター2

同色ながら質感を変えたこだわりのカラー

トレック ゼクター2のフレームカラー ツヤありとツヤなしで配色を分けたゼクターシリーズのカラーリング

カラーリングはブラックカラーにブルーのロゴ。・・・ですが、よーく見てみるとツヤありとツヤなしに分かれてるんです!!さらに“ZEKTOR”ロゴも反転した配色になっています。パッと見では気づきにくい所にもこだわったのがゼクターシリーズです。

カスタムしやすいのもゼクター2のメリット!

これで雨の日もへっちゃら!

ゼクター2に泥除けを装着 無理なくキレイにフルフェンダーの取り付けもできます。

フルフェンダー(泥除け)が付くか付かないかが購入の決め手になる方も多いのでは?ゼクターシリーズならばしっかりと固定式のフェンダーの取り付けが可能です。雨の日も安心ですね。

あつらえたかのような一体感。

フレームにドロヨケを固定 スッキリと収まるデザインのフルフェンダー(泥除け)。

本来はフレームの強度を保つためにあるブリッジですが、ネジ穴が裏にあるので泥除けの装着に一役買います。外側にネジが飛び出ることがないので外観的にもスッキリと収まります。

重い荷物も運べます。

ボントレガー バックラックデラックスL フレームの専用台座にキャリアも付けられます

フレームにキャリアダボと呼ばれる専用のネジ穴があり、直接キャリアを取り付けできます。直接固定は安定感もあるので25kgもの重量に耐えます。サイドバッグなどを付けて出かけるのもいいですね。

便利なスタンドも取付可能!!

スタンド専用の取り付け位置が設けられています。他のパーツなどと干渉しない為、スマートに取り付けできます。荷物を乗せている時やヘルメットをかぶる時などなど、ちょっとした時に便利です。

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

関連リンク

ロングライド

ロングライド

自転車の行動範囲は意外と広い、愛車で遠出してみませんか?自分なりのロングライドの楽しみ方を探してください。

自転車通勤

自転車通勤

三郷近郊は比較的平坦で通勤しやすい環境が整っています。運動不足解消にも一役買ってくれますので、自転車通勤始めてみてはいかがですか?

クロスバイクとは?

クロスバイクとは?

通勤や通学はもちろん、休日のサイクリングでも存分に楽しむことが出来るオールラウンドなスポーツ自転車です。もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

自転車マストアイテム

自転車マストアイテム

サイクリングではいくつか必要なアイテムがあります。その中でも必須!!のアイテムをご紹介

サイクリング携行装備品

サイクリング携行装備品

遊び方によって用意しておきたいアイテムがあります。安心して走るのにしっかりと装備しましょう!

楽しみ方にあわせて揃えよう

楽しみ方にあわせて揃えよう

それぞれの楽しみ方に合わせたサイクリングをより楽しくするためのアイテムをご紹介!!

他の自転車を選ぶ

TREK(トレック) 8.4DS 2016年モデル

【SALE!!】TREK(トレック)8.4DS 2色展開

¥103,000 → ¥79,000(税込)

ページの先頭へ戻る