BONTRAGER(ボントレガー) Classique(クラシック)ロードシューズ

bontrager(ボントレガー) Classique Road(クラシックロード)シューズ

  • bontrager(ボントレガー) Classique Road(クラシックロード)シューズ
  • bontrager(ボントレガー) Classique Road(クラシックロード)シューズ ソール

最新のテクノロジーとクラシックな装いを併せ持つビンディングシューズ

新登場したクラシックロードシューズのホワイトカラーは限定色!トップグレードを14とし、12のソール剛性を持つクラシックは、サイクリングやツーリングはもちろん、イベントやレースで使いたい方にも満足してもらえるビンディングシューズです。
バックルやベルクロと違い、細かな調整ができるのは紐靴ならでは。甲の高さでお悩みの方にもオススメです。
シューレースは白の他に黒と赤が付属しているのでウェアに合わせてコーディネイトできます。シューレースの取りまとめ様にシューズにスナップボタンが付いているので、チェーンなどに絡む心配もありません。さらに持ち運ぶ際に便利な専用のシューズカバーも付属します。

※商品の価格や仕様等は予告無く変更になる場合がありますので必ず店舗でご確認ください。

¥31,900(税込)

装いを変えることのできる付属のシューレース

クラシックロードシューズには赤・黒・白のシューレースが付属していて、ウェアとの組み合わせやアクセントにもできます。
ベルクロやバックルタイプのシューズではできなかったオリジナル感を演出できるのもヒモ靴ならでは。
シューズのベロ部分にはスナップボタンがついているので、シューレースの取りまとめができます。こういった仕組みやデザインもバックルタイプにはない面白さですよね。
つま先はメッシュ構造で通気性も高く、裏のソール側にも通気口が開いているので長時間のライディングでも快適に過ごせます。
また、かかと部分には滑り止めがついています。ウロコのような素材で、シューズを履く方向では抵抗感がなく、脱ぐ方向に抵抗がかかります。ヒールカップの形状以外にもストレスを減らす加工がなされています。

更にフィット感を高めるインソールのご紹介

インソール  BIKEPRO 画像をクリックするとcurrexSoleにジャンプします

キューレックスソール BIKEPRO(バイクプロ)

自分の足のサイズのサイズに合ったシューズでより高いフィット感を得られるのがcurrexSole(キューレックスソール)のインソール。
スポーツ医学の知識を活かしたインソールで、サイクリング時のパフォーマンスアップに貢献します。選び方はとてもカンタン。専用の測定器を使って最適なカタチのインソールを見つけることができます。
キューレックスソールを入れることで足裏の荷重を分散し、筋肉の動きをよりスムーズにすることができるようになります。
また、膝の上下運動もブレがなくなり、走行中の痛みや違和感のない快適な状態を作ることができます。
ビンディングシューズを使うならインソールもこだわりたいですね。

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

ページの先頭へ戻る