BONTRAGER(ボントレガー)Trek/Segafredoレプリカジャージ

BONTRAGER(ボントレガー)TREK/Segafredo(トレック/セガフレード)レプリカジャージ

  • BONTRAGER(ボントレガー)TREK/Segafredo(トレック/セガフレード)レプリカジャージ
  • BONTRAGER(ボントレガー)TREK/Segafredo(トレック/セガフレード)レプリカジャージ背面

カフェに行きたくなる!?
新チーム名が施されたレプリカジャージ

新チームのTrek Segafredo(トレック・セガフレード)のチームジャージです。選手と同じデザインのサイクルジャージは、毎年気になっている方も多いことでしょう。
スポンサー契約を結んだSegafredo(セガフレード)はイタリアのコーヒーブランドで、日本国内でもカフェがあり立ち寄ったことがある方も多いのでは?コーヒーメーカーとのスポンサー契約は昔からありましたが、カフェ経営をしているメーカーとの契約は珍しいかもしれません。
ジャージには伸縮素材を使用しつつ、前傾姿勢をとった時に自然となるようなカッティングが施されたサイクルウェアはサイクリングをより快適にしてくれます。また、バックポケットや反射素材などが装備されるなど利便性と安全性にも優れています。
サイクルウェア選びに迷ったらひとまずコレ!!

※商品の価格や仕様等は予告無く変更になる場合がありますので必ず店舗でご確認ください。

¥12,000(税込)

機能もデザインもこだわりがいっぱい!!

見えないところにもこだわりが・・・

“Go and Take It”の文字 気合の入るメッセージ付き!!

襟の内側には“Go and Take It”の文字が。走って勝利を掴み取れ!!的な意味でしょうか。着ていると見えませんが、気合の入るメッセージですよね。こんなちょっとしたこともチームジャージならではだったりします。

ジャージではお馴染みの便利なバックポケット付き

ジャージのバックポケット 補給食などを入れる便利なバックポケット付き

サイクルジャージの特徴の一つでもあるバックポケット。補給食はもちろん、ポケッタブルのウィンドブレーカー、お財布や携帯電話なども収納できます。またサイドには反射素材も付いていて、夜の非視認性を高めてくれます。

合わせて用意したいのがビブショーツ

segafredo レプリカビブショーツ

セガフレード レプリカビブショーツ 画像をクリックするとレプリカビブショーツにジャンプします

ジャージと合わせやすいデザイン

デザイン的にもできれば上下セットで使いたいですね。
特にビブショーツはお腹周りの圧迫がなく、サスペンダーのように着るので走行中のズレの心配もありません。特にロングライド、イベント、レースなどでは快適さを体感しやすく、走行中にパッドの位置がズレてしまうとお尻の痛みにもつながります。
快適さをキープしやすいのでストレスなくサイクリングを楽しむことができます。快適サイクリングのために一着は持っておきたい一品です。

セガフレード レプリカビブショーツ
\13,000-

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

ページの先頭へ戻る