TREK(トレック)1.2 2色

TREK(トレック)1.2 2017年モデル| California Skye Blue

  • TREK(トレック)1.2 2017年モデル| California Skye Blue
  • TREK(トレック)1.2 2017年モデル|Matte Trek Black

シマノ新型SORAを装備した遊ぶ振り幅の広いアルミフレームロードバイク

2017年モデルの1.2は晴れた青空をイメージさせるブルーと鉄板カラーの艶消しブラックの2色展開。カラーパーツでのカスタムも楽しめるフレームカラーになっています。
キャリアやフェンダーの取り付けもできるので通勤通学やツーリングなど、天候に左右されないで走ることのできる装備にカスタムも可能です。また、この1.2は新型のコンポーネントであるシマノのSORAを装備しました。レバー形状も変わり、ケーブルをバーテープ内に収納するので見た目もスッキリとし操作もより快適になりました。
パーツの使い勝手もよく様々なオプションでカスタムもできるので、初めてのロードバイクという方にもオススメの一台です。

¥118,000(税込)

カラーCalifornia Skye Blue,Matte Trek Black
サイズ47,50,52,54,56,58cm
車体重量:9.77kg(サイズ56)
フレーム100 Series Alpha Aluminum, fender & rack compatible
フォークTrek carbon road
ホイールAlloy hubs; Bontrager Tubeless Ready rims
コンポShimano Sora, 9-speed

モデルチェンジしたシマノのSORAがカッコイイ!操作性もさらによくなってサイクリングが快適になります。

スタッフ
最上拓也

TREK(トレック)のロードバイク1.2は今年注目のマット(艶消し)カラーが追加!!

高い人気を誇るマットカラーが1.2にラインナップされました!

TREK(トレック)ロードバイク1.2 マットブラック ここ数年でラインナップの増えているマット(艶消し)カラーが1シリーズにも!!

ここ何年かで急速に増えてきたマットカラー。ステルスカラーなどとも呼ばれ人気を集めています。特にマットブラックはパッと見で“カッコいい!!”と感じさせてくれるカラーリング。1.2は2色展開で、別のカラーはスカイブルー。シックなマットブラックか、鮮やかなスカイブルーか・・・悩みどころですね。

TREK(トレック)ロードバイク1.2のココがポイント!!

ケーブルがすっきり収まる新型ブラケット

Shimano Sora ST-R3000 バーテープ内にシフトケーブルが入り見た目もスッキリ

ロードバイクの1.2としてはパーツグレードの違いはありませんが、シマノのSORAがモデルチェンジしました。大きなポイントの一つがSTIレバー。シフトケーブルが内装されてスッキリとしたデザインになりました。

剛性アップの新型クランク投入

Shimano Sora FC-R3000, 50/34 (compact)   ボリューム感も増えた新型のシマノのSORAクランク

新型SORAのポイントのもう一つがクランク。見た目にもボリューム感が増え、クランクとチェーンリングの剛性アップしています。クランクのたわみも抑えて、フロントの変速もキビキビとして快適です。

操作感のいいストレートカーボンフォーク

TREK(トレック)ロードバイク1.2 カーボンフロントフォーク 軽く剛性感にも優れたカーボンフォークを搭載

フレーム素材は100シリーズアルファアルミニウムでフロントフォークはカーボン素材です。ストレート形状なのでハンドル操作がダイレクトでストレスがありません。軽量かつ振動吸収性も高い素材です。

圧迫を防ぐ穴あきサドル

BONTRAGER(ボントレガー)MONTROSE(モントローズ)サドル 新たに穴あきサドルが完成車標準装備になりました

割とフラットだった座面のサドルから、穴あきサドルに変更されました。長時間のライディングでの股下の圧迫を防いでくれます。体重移動もしやすい形状なので、上半身のポジションが変わっても快適です。

価格帯の近いロードバイクのご紹介

TREK(トレック)ロードバイク1.1 2色展開 ¥93,000-

TREK ロードバイク1.1 2017年モデル 2色展開 画像をクリックすると1.1にジャンプします

パーツ構成違いのアルミロードバイク

同じ1シリーズのフレームですが、こちらは2×8速のコンポーネントのモデル。
渋めのシルバーと鮮やかなオレンジの2色展開になっています。
カラーはお好みですが、使い方などによってはオプションに予算を割くのもアリですね。同じくキャリアやフェンダーの取り付けが可能ですし、通勤通学では安全面に考慮した明るめのライトなども必要です。
幅広いサイズ展開からぴったりのモデルをご案内しますので、店舗でスタッフに使い方も含めてご相談ください!!

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

関連リンク

自転車通勤

自転車通勤

三郷近郊は比較的平坦で通勤しやすい環境が整っています。運動不足解消にも一役買ってくれますので、自転車通勤始めてみてはいかがですか?

5つの安心サービス

5つの安心サービス

はじめての自転車購入の不安を「安心」に変えるお手伝いをいたします。バイクプラス5つの安心サービスの詳細をご覧ください。

ロードバイクとは?

ロードバイクとは?

驚くほどのスピード感、風を感じ走る爽快感はたまりません。自転車通勤したり、レースに参加したり、ロングライド、のんびり自転車散歩など、その楽しみ方は様々です。

自転車マストアイテム

自転車マストアイテム

サイクリングではいくつか必要なアイテムがあります。その中でも必須!!のアイテムをご紹介

サイクリング携行装備品

サイクリング携行装備品

遊び方によって用意しておきたいアイテムがあります。安心して走るのにしっかりと装備しましょう!

楽しみ方にあわせて揃えよう

楽しみ方にあわせて揃えよう

それぞれの楽しみ方に合わせたサイクリングをより楽しくするためのアイテムをご紹介!!

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る