TREK Domane SLR6( ドマーネ SLR6 )2017年モデル

TREK Domane SLR6 Matte/Gloss Trek Black

  • TREK Domane SLR6 Matte/Gloss Trek Black

荒れた路面も難なくこなすエンデュランスロードバイク

さらに進化を遂げたトレック独自のドマーネならではのシステム・ISO SPEEDを搭載。2017年モデルのドマーネSLRシリーズにはスライダーが追加され、その設定によって振動吸収量を微調整できるようになっています。さらにフロントのヘッドチューブ内にもISO SPEEDが入り、手首にかかる負担も軽減します。それぞれ縦方向の振動吸収性能なので、ライディング中の違和感や出力のロスはなく常に快適にロードバイクを楽しめます。
コンポーネントは確実で快適な操作が可能なシマノのアルテグラ。ブレーキはダイレクトマウントとなり、700X28Cのタイヤを標準装備しました。あらゆる路面に対応し、レースやイベント、荒れた路面も含めたロングライドやツーリングにも対応できる超快適ロードバイクです。

¥590,000(税込)

カラーMatte/Gloss Trek Black
サイズ50,52,54,56,58,60
車体重量:7.46kg(サイズ56)
フレーム600 Series OCLV Carbon, Front IsoSpeed, Adjustable Rear IsoSpeed, E2 tapered head tube, BB90, Power Transfer Construction, hidden fender mounts, internal cable routing, 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークDomane full carbon, E2 tapered steerer, direct mount brakes
ホイールBontrager Paradigm Comp Tubeless Ready
コンポShimano Ultegra 11speed

ドマーネSLRのココがポイント!

最も重要なISO SPEED

2017年モデル TREK(トレック) ドマーネSLR6 ISO SPEED ドマーネシリーズ最大のポイントがこのISO SPEED

ドマーネSLRのISO SPEEDがリニューアルしています。基本的なシステムは変わりませんが、より剛性感が増し、デザインが変わっています。サドルが前後にしなる動きのため、走行中のロスはなく快適な状態を保てます。フレームのワイヤーの取り回し位置も変わり、より設定もしやすくなりました。

柔軟性を可変できるスライダー

2017年モデル TREK(トレック) ドマーネSLR6 スライダー ドマーネSLRの可動域を可変させられるスライダー

ドマーネSLRのみにつけられているスライダー。上下させることでISO SPEEDの可動範囲が変わり、路面状況に合わせて柔軟性を変えられるようになっています。体重などによっても変更させることもできるので、より個人個人に合わせたセッティングができます。

ドマーネSLRシリーズには新機能が追加!

ドマーネSLR6はヘッドチューブにもISO SPEED搭載!!

2017年モデル TREK(トレック) ドマーネSLR6 ヘッドチューブ ドマーネSLRはヘッドチューブ内にもISO SPEEDを搭載

今回のドマーネSLRではヘッドチューブにもISO SPEEDを搭載!!
こちらもフレーム側のISO SPEED同様に縦方向(前後)にしなるので、段差などの突き上げの際に稼動してくれます。手に伝わる衝撃を緩和していくれるので街中の段差はもちろん、荒れた路面を走行する際にも効果を発揮してくれます。特にロングライドなどでは想定していない路面状況に見舞われることもしばしば。そんな時にヘッドチューブに内蔵されたISO SPEEDが最高の働きをしてくれます。
また、ガタ付きが多い路面では手に力が入ってしまい、長時間の走行で上半身までも疲れてしまいがちです。しなる方向が縦方向なので走行中に稼動していても違和感はなく、自然な動きで身体をサポートしてくれます。
こうしたシステムを生み出せるのはTREK(トレック)の技術力があってこそ。世界最大のスポーツバイクメーカーだからこそ開発でき、プロ選手からのフィードバックによって完成度の高い製品が世に出されます。
ドマーネSLR6以外に、パーツグレード違いやディスクブレーキ仕様などのラインナップがあります。

時代に合わせた進化を遂げたドマーネSLR6

ワイドリム&700×28Cのタイヤ

2017年モデル TREK(トレック) ドマーネSLR6 700×28Cのタイヤ 完成車で700×28Cのタイヤが装着されるのはドマーネならでは

ロードバイクとしてはイレギュラーともいえる700×28Cのタイヤを標準装備しています。乗り心地がよく、グリップもよくなるので安定した走りを体感できます。ロングライドでは身体の疲労を抑えてくれるので、これからのスタンダードになるかもしれません。

軽く制動力の高いダイレクトマウントブレーキ

2017年モデル TREK(トレック) ドマーネSLR6 ダイレクトマウントブレーキ 最近増えてきた制動力の高いダイレクトマウントブレーキ

フレームに直付けするダイレクトマウントブレーキ。新たに直付けの構造にすることでブレーキ本体のしなりが少なくなり制動力がアップしています。フレームおよびブレーキのクリアランスが広いため、700×28Cのタイヤにも対応するようになりました。

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

関連リンク

乗る前にまずは点検!

乗る前にまずは点検!

自転車にまたがる前に、まずは自転車の健康状態をチェックすることを心がけて下さい。安全であってこそ、楽しいサイクリングです。チェックポイントをまとめてみました。

5つの安心サービス

5つの安心サービス

はじめての自転車購入の不安を「安心」に変えるお手伝いをいたします。バイクプラス5つの安心サービスの詳細をご覧ください。

ヒルクライム

ヒルクライム

どんなにくるしくても、最後まで登りきった時の達成感がクセになるります。まずは、近くの坂からチャレンジしてみてください。

サイクリング携行装備品

サイクリング携行装備品

それぞれの楽しみ方に合わせたサイクリングをより楽しくするためのアイテムをご紹介!!

自転車マストアイテム

自転車マストアイテム

サイクリングではいくつか必要なアイテムがあります。その中でも必須!!のアイテムをご紹介

ロードバイクとは?

ロードバイクとは?

スピード感や風を感じ走る爽快感はたまりません。自転車通勤したり、レースに参加したり、ロングライド、のんびり自転車散歩など楽しみ方は様々です。

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る