TREK(トレック)EMONDA ALR5(エモンダ ALR5) 3色

TREK_EmondaALR5_blue

  • TREK_EmondaALR5_blue
  • TREK_EmondaALR5_black
  • TREK_EmondaALR5_team_red

EMONDA ALR5(エモンダ ALR5)新型105が搭載された軽量アルミバイク

TREK(トレック)から軽量フルカーボンロードとして発表されていた『EMONDA』シリーズでしたが、超軽量アルミモデルも投入されました。
限界まで軽量化を図った美しいフレーム溶接技術、ハイエンドモデルと同質のフルカーボンフォーク、コンポーネント統一とアルミバイクでは異例のスペックが目白押し。
「削ぎ落とす(émonder)」というその名の通りEmondaが持つ「軽量性」と「ライドクオリティー」を、カーボンバイクに匹敵する高次元で実現させた、トレック史上最軽量のアルミロードバイクです。

※車種やサイズの都合上、メーカーより取り寄せの場合、セール価格が異なる場合がございます

¥199,000→159000(税込)

カラーBlack Pearl/Waterloo Blue/Viper Red
サイズ47,50,52,54,56,58,60
フレームUltralight 300 Series Alpha Aluminum, Invisible Weld Technology, DuoTrap S compatible, E2 tapered head tube, BB86.5
フォークÉmonda full carbon, carbon E2
ホイールBontrager Tubeless Ready
コンポShimano 105, 11 speed

EMONDA ALR5(エモンダ ALR5)はTREKアルミ最軽量シリーズ

人気EMONDAシリーズのアルミモデル

TREK_EMONDA ALR5(エモンダ ALR5) 鮮やかなカラーリングのブルー

登場以来多くのサイクリストから好評だったEMONDAシリーズのアルミモデルとして登場した「EMONDA ALR5」。
その車体重量の軽さからくる軽快な踏み心地と、軽量化に対して損なわれていないフレーム剛性、悪路での安定性の高さなどのバンスの良さがEMONDAシリーズ通しての特徴です。EMONDA ALR5ではそのライドクオリティーは継承しつつ、カーボンロードに劣らない軽さと快適性を身につけたアルミロードバイクになっています。

最高グレードアルミフレーム

EmondaALR5 300seriesAlphaAminium Frame 300シリーズアルファアルミニウム

EMONDA ALRのために新たに開発されたアルミフレーム、ウルトラライト300シリーズAlpha Alminiumを使用しています。耐久性や強度を落とさずに限界まで薄く、固くフレームを成型して剛性と軽量化の両立を果たしています。
アルミフレームでは通常、強度を持たせるために一定量のアルミを用いなければならないのですが、それによって重量が増加してしまうという難点があります。その問題を克服するための素材として使われているのがこのウルトラライト300シリーズAlpha Alminiumです。

美しい外見の溶接技術

TREK(トレック)EMONDA ALR5(エモンダ ALR5)Frame rogo EMONDAALR5 フレームロゴ

金属フレームではパイプ同士の接合面は溶接かラグによって接合されます。EMONDA ALR5でも溶接が施されているのですが、その溶接面が非常に滑らかで接合部分の凹凸が分かり難いのが特徴です。
インビジブル・ウェルド・テクノロジー(Invisible Weld Technology)という溶接技術により僅かな素材で高い強度と持続性を持たせており、結果として軽量なフレームに仕上げつつ溶接痕が非常にスムーズで美しい外見を実現しています。見た目の美しさも機能のひとつですよね。

フルカーボンフォーク採用

TREK(トレック)EMONDA ALR5(エモンダ ALR5)フルカーボンフォーク ブレードからコラムまで全てカーボン

アルミロードと銘打ちつつも、フロントフォークはフォークエンドからフォークコラムまでのすべてがカーボン製となっています。ただ軽いだけでなく振動吸収性と操作性にも優れるので快適な走行が可能になります。
さらにフレームの上部と下部でサイズの異なるベアリングを採用したE2テーパードヘッドチューブとカーボンコラムによって、フロント部の優れたハンドリング性能を実現しています。

デュオトラップS対応フレーム

TREK EMONDA ALR5(トレック エモンダ ALR 5)DuoTrapS 独自規格のデュオトラップ

TREK EMONDAシリーズは内蔵式センサー(別売)に対応しています。サイクルコンピューターのセンサーを直接フレームに内蔵することでスッキリとした外見になります。対応のデュオトラップSセンサーはBluetoothとANT+の二種類に対応し、ボントレガー以外にもGPSのガーミンなどにも使用可能で、スマートフォンとの連動までも可能になっています。お手持ちのスマートフォンにもアプリを使用することで走行ログを記録することが可能です。

シマノ11速105をフル装備

TREK(トレック)EMONDA ALR5(エモンダ ALR5)105コンポーネント シマノの105コンポーネントに統一

こちらもTREK EMONDAシリーズとして外せないポイントです!
シフトレバー、前後ディレイラー、カセットスプロケット、チェーンなど変速に関わるパーツだけでなく、ブレーキやクランクに至るまで全てのコンポーネントが同一グレード品で統一されています。
「ALR5」の場合はシマノ105。11速化の仲間入りを果たし優れたフロント変速とパワー伝達効率に優れた4本アームクランクは上位コンポーネントと同様の技術が採用されているからこそのパフォーマンスといえるでしょう。
変速時のレバーストロークも短いので操作におけるストレスも少なく、安全性を高めるブレーキの操作もしやすくなりました。コンパクトになり、ブレーキのレバーストロークも調整できるので手の大きさに関わらす操作が楽に行えます。

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

関連リンク

自転車購入の流れ

自転車購入の流れ

分からないこと、不安なことたくさんあると思います。気軽にスタッフまでご相談ください。お客様に一番合う一台を一緒に探してゆきましょう!

ヒルクライム

ヒルクライム

どんなにくるしくても、最後まで登りきった時の達成感がクセになるります。まずは、近くの坂からチャレンジしてみてください。

5つの安心サービス

5つの安心サービス

はじめての自転車購入の不安を「安心」に変えるお手伝いをいたします。バイクプラス5つの安心サービスの詳細をご覧ください。

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る