TREK(トレック)EMONDA SL5(エモンダSL5)2色

TREK_EmondaSL5_VoltGreen

  • TREK_EmondaSL5_VoltGreen
  • TREK_EmondaSL5_white

軽いだけじゃない!万能フルカーボンロード

新たに投入された軽量ロードバイク、EMONDA(エモンダ)シリーズのミドルグレードに位置する「EMONDA SL」のフレームにコンポーネントはシマノ105をフル装備したモデルです。
ミドルグレードのフルカーボンロードとして剛性・安定性・振動吸収性を高いレベルでバランスを取りながらの軽量化を果たしています。コンポーネントはシマノ105に統一されコストを抑えながらもミスのない必要十分なシフトコントロール、優れたブレーキング性能を確保しています。

※車種やサイズの都合上、メーカーより取り寄せの場合、セール価格が異なる場合がございます。

¥310,000→248000(税込)

カラーTrek White/Trek Black/Viper Red /Volt Green
サイズ44,47,50,52,54,56,58,60
フレームUltralight 500 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, E2, BB90, internal cabl
フォークEacute;monda full carbon, E2
ホイールBontrager Race Tubeless Ready
コンポShimano 105, 11 speed

エモンダSL5の特徴

軽量ロードバイクの決定版エモンダSL5!

TREK_EmondaSL5 エモンダSL5

軽量ロードバイクが欲しい!という方にオススメなモデル、それがÉmonda SL5(エモンダSL5)です。 トレックの最軽量フレームエモンダSLRのジオメトリーとテクノロジーを継承したモデルです。

EMONDA SL5、まずは動画でご紹介しています。

軽さを体感できるエモンダSL5

TREK_EmondaSL5_frameWeight 完成車で7㎏台!!

完成車重量 7.89kg(ペダル無し、フレームサイズ:52)※フレームサイズによって重量は異なります。
重量バランスが良く、反応性と快適性の高さがウリのフレームです。軽さや反応性の高さだけでなく振動の吸収具合やしなりをもたせて快適性にも優れたフレームに仕上げているのがトレックという自転車メーカーの特徴でもあります。

ワイヤーフル内蔵フレーム

TREK_EmondaSL5_toptube ワイヤーは全て内蔵

ワイヤーはフレーム内蔵式になり、フレームの中を通る事で劣化を防いでくれます。デザイン的にも美しくなりました。ワイヤー交換の際にはインナーリード管というストローの様なものを先にワイヤーに通しておくとメンテナンスが非常に楽に行えます。
電動パーツとも互換性があるので、内装式のバッテリーなどを使用する事ができます。あらゆるアップグレードに対応しているのもトレックならではです。

シートマストキャップで快適な乗り心地を

シートマストキャップ 快適性を生み出すシートマスト&シートマストキャップ

軽さと快適性を生み出すパーツの一つがシートポスト部にあたる"シートマストキャップ"フレームの中に差し込む従来のシートポストと違い外側から被せる構造になっていてフレームの中に隠れてしまう無駄な部分が最小限になります。上のサドルから力が伝わりシートマストキャップ部を通じてフレームにしなりを効かせる構造になります。
乗っている人は違和感がないのですがココが実は結構動いて路面から伝わる振動を吸収しています。

エモンダSLのもう一つの特徴"BB90"

TREK_emondaSL5_BB90 独自規格のBB90

フレームの底の部分、BB(ボトムブラケット)部分の横幅を限りなく広く取る事でペダリングパワーを最大限に伝える事のできる構造がBB90です。本来BBとそのベアリングの間には様々なパーツを介していますがパーツをフレームとの一体構造にする事で限りなくロスを無くし軽さも生み出しています。
この繊細な構造がトレックのカーボンフレーム精製技術によるものです。 またBBの横幅を広く取ることでダウンチューブを大口径にできパワーをしっかりと伝える事ができます。

ボントレガーの「Race」ホイール

エモンダSL5はボントレガーのレースホイールを装備 ボントレガーのチューブレスレディホイール

ロードバイクのパーツで最も走りに影響するパーツが『ホイール』で、これが実に良く回転します。ボントレガーの「Raceホイール」が搭載されており、重量は前後で約1700gと軽量でリムの横幅が広く安定性と堅牢性が高いホイールです。 その性格としてはパワーでガンガン踏み込む方よりは軽いギアでクルクルと高回転で漕ぐ方に向いているホイールです。
タイヤはエントリーグレードの「R1」を搭載しています。消耗パーツなので、交換時にはアップグレードなどをして楽しみましょう。

上位モデルのテクノロジーを継承した105

TREK_emondaSL5_105 シマノ105をフル装備

コンポーネントは11速になったシマノの新型105です。上位モデルのテクノロジーを継承、よく止まるブレーキにサクサクとシフトチェンジする変速システムが、普段のサイクリングやイベントレースにと大活躍します。一代前の1ランク上位コンポーネントのアルテグラに肉薄する性能のパーツがセットで約6万円前後というのは高コストパフォーマンス。同世代上位モデルのデュラエースやアルテグラとの互換性もあるのでグレードアップする際には好きな部分からパーツ変更が楽しめます。日々ちょっとずつ交換してくのもいいですね♪

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

関連リンク

自分で出来るメンテナンス!

自分で出来るメンテナンス!

クリーニング、注油、空気圧の確認など、こまめにご自分でできるメンテナンスをご紹介します。

フィッティングが重要

フィッティングが重要

しっかり自分の体に合わせることで走りも軽やかになり体の痛みなども体の負担も減らせられます。詳しくはこちらのページもご覧ください。

5つの安心サービス

5つの安心サービス

はじめての自転車購入の不安を「安心」に変えるお手伝いをいたします。バイクプラス5つの安心サービスの詳細をご覧ください。

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る