TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6)2色

TREK EmondaSL6 yellow

  • TREK EmondaSL6 yellow
  • TREK EmondaSL6 black

ハイエンドに迫る剛性と安定感をミドルグレードの価格で

TREK(トレック)の誇る軽量ロードバイク「Emonda」シリーズの中でもミドルグレードに位置する「Emonda SL6」。軽量化、ペダリング剛性、振動減衰性、ステアリング性能を高次元でミックスさせた高い完成度が魅力のフルカーボンロードバイクです。
コンポーネントにはシマノのULTEGRA(アルテグラ)をフル装備。トップグレードからフィードバックされた性能を、シフトタッチ・ブレーキング性能共に受け継いだグレードのパーツです。
イベント、レース、ロングライドなどなどあらゆる用途で活躍します。

※車種やサイズの都合上、メーカーより取り寄せの場合、セール価格が異なる場合がございます。
また、セール表示価格は三郷店在庫サイズ54(イエロー)に限ります。試乗車使用品につき、詳しくはスタッフまで。

¥380,000→¥249,000(税込)

カラーMatte Trek Black/Gloss Trek Black/ Goldenage
サイズ44,47,50,52,54,56,58,60
フレームUltralight 500 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, E2, BB90, internal cabl
フォークÉmonda full carbon, E2
ホイールBontrager Race Tubeless Ready
コンポShimano Ultefgra 11 speed

軽量!万能カーボンロードEMONDA SL 6

ワイヤー内蔵式フレーム

TREK_emondaSL6 内蔵式のワイヤー

ミドルグレードフレームながら導入されるシステムはハイエンドモデルと同一、ということでフレーム内装ケーブル採用。外観が美しいだけでなく走行中の空気抵抗を低減する効果もあります。
また電動コンポーネントにも対応しており、バッテリーやエレクトリカルケーブルもフレーム内装化に対応して煩わしい配線を全てフレーム内部に収めることが出来ます。アップグレードに対応するので長く楽しめるフレーム設計です。

原点に戻ったかのような形状

TREK_EmondaSL6_seartstay ベーシックなシートステイ

あえて奇をてらった構造ではなく無駄な部分をそぎ落とす作りのエモンダは、むしろ原点に戻ったかのような形状にも見えます。トップチューブから流れるようなデザインでシートステーにつながり、そのステー自体はクリアランスが広く作られています。トップチューブまでは骨太でペダリングへの高い剛性を持たせた上で、細く分化させたシートステーで乗り心地の快適さも備えます。軽い素材でフレームを作りつつも、フレーム形状によって必要な部分に剛性と振動吸収性を持たせることで加速性・安定性を両立させることができています。

ニューサドル『パラダイムR』

TREK_EmondaSL6_paradigmRACE 快適設計のパラダイムサドル

ボントレガーより新規投入されたサドル、"パラダイムR(レース)"。以前からボントレガー穴あきサドルの人気モデルとしてパラダイムRLやパラダイムRXXXLなどがありましたが、こちらはより厚めのクッション、広めの溝になっています。
クッション性が比較的高いことから長時間のライドでも使いやすく、深い前傾姿勢をとらないライダーでもお股下の痛みが発生しにくいデザインで初心者にもやさしいサドルです。

BB90で剛性UPで快適な走りを

TREK_EmondaSL6_BB90 独自規格のBB90

こちらも『SL』グレード以上からの装備。ボトムブラケットにはBB90を採用しています。
TREKの誇るカーボン成型技術により、BBパーツをフレームに直接取り付ける構造になっています。パーツ点数が少ない=軽量という利点があり、さらにフレームをギリギリまで太く設計できるのでフレーム剛性を高くすることが可能になりました。加速性や反応性が高くシャキシャキした動かしやすい車体を作ることができます。

健在のシートマスト形状

TREK_EmondaSL6_seatmast ライドチューンドシートマスト

ボントレガーより新規投入されたサドル、"パラダイムR(レース)"。
以前からボントレガー穴あきサドルの人気モデルとしてパラダイムRLやパラダイムRXXXLなどがありましたが、こちらはより厚めのクッション、広めの溝になっています。

クッション性が比較的高いことから長時間のライドでも使いやすく、深い前傾姿勢をとらないライダーでもお尻の痛みが発生しにくいデザインで初心者にもやさしいサドルです。

様々な用途で使いたいという方にオススメなモデル

TREK_EmondaSL6_black トレック 軽量ロードバイク エモンダSL6

剛性感、重量、振動吸収性などを高いレベルで両立させたエモンダSL6、これは今回ご紹介した『SL6』に限らずエモンダシリーズすべての特性と言えます。フレーム・コンポーネントのグレードが様々な組み合わせでラインナップされているので予算に合わせて選びやすいのもウレシイ点。
これからロードバイクを始めたいけど、イベントやレースにも出たいしヒルクライム、色々してみたい!そもそも初めてだから何がしたいか全くわからない!というような方にはオールラウンドに使えるエモンダシリーズは大変オススメです。

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

関連リンク

5つの安心サービス

5つの安心サービス

はじめての自転車購入の不安を「安心」に変えるお手伝いをいたします。バイクプラス5つの安心サービスの詳細をご覧ください。

サイズの選び方

サイズの選び方

スポーツバイクは豊富なフレームサイズがあり、体格に合わせて選びます。バイクプラスでは自転車を購入するにあたってしっかりフィッティングを行い、その人に合ったサイズをお選びさせて頂きます。

ヒルクライム

ヒルクライム

どんなにくるしくても、最後まで登りきった時の達成感がクセになるります。まずは、近くの坂からチャレンジしてみてください。

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る